マルチ放電

山形発ノイズギターポップバンド、マルチ放電。
グランジ・シュゲイザーを軸に年代も性別も違う4人が奏でる”彼の地のオルタナティヴ・ロック”。 2005年結成。女性ギターボーカルを含む4人編成。 山形県庄内地方を拠点にキャリア10年を超えるノイズギターポップバンド。 USインディーオルタナ、シューゲイザーを軸に様々な音楽を吸収、唯一無二のサウンドを発信し続ける。
ウィットに富んだ繊細かつ轟音で時に実験的なサウンド、一筋縄ではいかない歌詞と対照的なシンプルで中性的な歌。エフェクターを多用した多彩で個性的なサウンドと、日々増え続ける要塞のような機材にも音楽人の注目を集める。
2017年4月、結成12年目にして初のフルアルバムを制作。ここ地元酒田のライブハウス「hope」のレーベルよりリリース。diskunion インディー館等で取り上げられる。
近年のカセットテープ人気の先駆けとなったZOMBIE FOEVERよりカセットシングルのリリース。 全国の耳の早いアングラ・ポップファン層へゆっくりと、着実に拡がっている。

INFORMATION

http://mulchspark.net