INFORMATION

DO IT 2016 -YAMAGATA MUSIC FES.

2016年11月12日(土)
会場:株式会社グリーンシステム
山形県酒田市大浜2-2-24
TICKET: ADV.5,000円 DOOR.5500円 ※中学生以下無料 ※詳細はコチラ
OPEN/START:10:00/11:00
主催:DO IT実行委員会

 

about “DO IT”

2008年シネマ旭で開催された山形発のインディペンデントDIYフェス「DO IT 2008」。
その余韻、熱は消えず全国各地に今だに伝説として語り継がれている。

「テレビの中の音より隣で鳴ってる音楽のほうがメチャクチャカッコいい。 」

このコンセプトを元に行われたこのDIYフェスは、大手の制作会社、レコード会社のプロモーションも通さず、地元山形のバンドマンやボランティアスタッフの手によって開催された。
当日会場で繰り広げられた激烈なライブアクトとフロアの熱量。
そんなDO IT 2008によって人生を変えられたバンドマンも全国各地に少なくはないだろう。
当時ボランティアスタッフとして参加していた自分もその一人で、あの日の光景は今でも脳裏に焼きついていて、あの日からローカルからの可能性というものが自分の人生にとってテーマとなった。

あれから8年。
あの夜が繋がり、今自分は自分の生まれ育った街酒田で「酒田hope」というライブハウスを経営している。
東北の端の田舎町の小さいライブハウス。
中央と地方との音楽シーンの時差、絶対的な数、現実的に、日常的に訪れる問題に日々葛藤しながら、ここでしか見れない景色を探してきた。
整えられた環境では無いからこそ、マイノリティの中にいるからこそ起こり得る奇跡。
この街では誰もが他人ではいられない。
一人一人がシーンの中に関わっている。

2008年のあの日。同じ山形。車で2時間ほどしか離れていない街で見せられた奇跡のような光景。
そしてあの日から共鳴し広がっていった音と思想。

自分はあの日を追い求めていた。
言葉に表し難いような最高の夜は、必ず次の夜に繋がると信じている。
夜は繋がっていき、より深く、より濃密なものへと広がっていった。
しかし現状の景色に満足しているだけではやがてその夜は枯れる。
今酒田で、山形で繋げられているこの夜を、広げるならば今しかない。
そして今ならこの街であの景色を再現できるのではないか。
そんな何度目かの夜を越えた時に、今回のDO IT 2016の酒田での開催を思い立った。
ローカルでの可能性ではなく、ローカルからの可能性を。
自分はこの街から絶望ではなく、希望を見たい。
そして自分より若い世代にもその希望を繋ぎたい。

2013年に山形SANDINISTAで復活を遂げたDO IT 2013を経て、今回山形の西海岸マッドシティ酒田では初の開催となるDO IT 2016。
今回の舞台は工業地帯にある、とある企業の倉庫。
今の山形、今のローカルの新しいDO ITが開催されます。
今この街からの最大限の可能性。
みなさんよろしくお願いします。
地下の発想が景色を変える。

DO IT 2016実行委員長
酒田hope代表/FRIDAYZ 酒井健太